カレンダー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
那須塩原周辺の動物 アーカイブ
ニホンカモシカ
2010年5月 1日

ニホンカモシカ

 GW中は何とかお天気も持ちそうですね。4月はいやな寒さが続き、やっと本来の暖かい日が楽しめそうです。奥塩原温泉周辺に生息しているニホンカモシカも冬の毛並みから春のものへ衣替えと言った感じです。

ニホンカモシカ
ニホンカモシカ

ニホンカモシカ
“ラブラブニホンカモシカ”

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
にほんかもしか
2010年1月10日

にほんかもしか

 先日、車を運転していると道路の斜面ににほんかもしかがいました。彼らの足がすっぽり埋まるほどの積雪の中、しかも急斜面を雪を掻き分けるように力強く進んでいました。昨年10月に撮影した個体と同じかどうかわかりませんが、体毛も“冬バージョン”です。

にほんかもしか
にほんかもしか

にほんかもしか
にほんかもしか

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
ニホンカモシカ
2009年10月27日

ニホンカモシカ

 お客様が赤川渓谷歩道など元湯温泉周辺を散歩すると“カモシカに会ったよ!”、“カモシカを見たよ!”などとお話されます。山を歩いていて野生の動物に出会うことは稀なことですので、皆様とても喜んでお話されます。

 私も先日若い2頭のカモシカに“出会いました”。学術上ニホンカモシカは、“シカ”と言ってもヤギに近い分類だそうです。栃木県の県獣でもあります。非常に好奇心が強く、山で出会っても、あたかも“人間観察”でもするかのように見つめられてしまいます。カモシカは日中、赤川渓谷などを飛びまわっておりますので、落葉するこれからの季節、目を凝らせば山肌に見つけられるかもしれません。


塩原温泉のニホンカモシカ


塩原温泉のニホンカモシカ

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
むじなの湯の“むじな”は、私から付けられました
2009年7月31日

むじなの湯の“むじな”は、私から付けられました。

 私は“むじな”です。正式には“ニホンアナグマ”、中型犬ほどの大きさになります。一見タヌキのようにも見えますが、顔立ちはタヌキよりもほっそりしたイケメンタイプです。鼻から額にかけて通るハクビシンのような白い毛もタヌキと区別する特徴的なものです。足先も広くガッチリしているのも特徴の一つです。

 奥塩原温泉新湯にある協同浴場“むじなの湯”の“むじな”もここから来ています。地方により“むじな”の指すものは、タヌキであったりアナグマであったりしますが、多くがアナグマを指すようです。逆に昔から山間部で食されてきた“タヌキ鍋”は、タヌキよりもアナグマを使ったものが多いようです。

 写真のものは、子連れのお母さん。子供と散歩中のところを失礼して撮らせてもらいました。子連れとあり、ちょっといらだっていました。U字工事とはニュアンスが違いますが、“ごめんね。ごめんね。”とつぶやきながら撮らせてもらいました。


メスのアナグマ、びっくりさせてごめんなさい


タヌキよりも顔立ちがほっそりしているニホンアナグマ

とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員
秘湯の宿 元泉館  6代目湯守(代表取締役)君島弘晃
栃木県那須塩原市湯本塩原101番地

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
モリアオガエルの卵塊・・・屋上に??
2009年7月 5日

モリアオガエルの卵塊・・・屋上に??

 昨夜、屋上付近で“クルクルクル”との鳴き声。ムササビの雨宿りかと思いきやモリアオガエルでした。雨足が強かったので、明けて屋上などの点検をしていましたら、モリアオガエルの卵塊を見つけました。

 木の葉などが配管に詰まるため、屋上にも水溜りが出来ますが、モリアオガエルのお母さん、ちょっとうっかりしていたようです。・・・屋上の水溜りは、すっかり干上がっていました。ビオトープでも作ってあげましょうかね。

 それにしても卵を産んだ場所は、建物は3階建ての屋上!!確かに建物の裏手には、屋上までかかる大木もありますが、お散歩がてら、その高い木を登ったのでしょうか!?


屋上に作られたモリアオガエルの卵塊


ビオトープが必要な状態です

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
テン!!
2009年4月 2日

 テン!!。毎朝6時過ぎに露天風呂の保温版をはずしに行きますが、昨日は赤川の対岸に動物が飛び跳ねておりました。ホンドテンです。体形はいたちのような感じのものです。大きさははるかに大きく、成獣で体長50cmほどになります。色は褐色のものや今朝見たものは正にテン独特の“黄色”。ゴールデンレトリバーの比ではありません。動きはダックスフントのような飛び跳ね方をしていました。

 「お前そんな色で山をうろついていて大丈夫なの?しかも明るくなった朝の6時過ぎに!」とでも言ってあげたくなるような“テン君”でした。残念ながらポケットをまさぐるも、デジカメ、ケータイ共に無く、撮影はできませんでした。あれほど大胆に動き回っているのでしたら、撮影も難しくはないと思います。「テン君、待ってろよ!!」


対岸には時折野生の動物も現れます

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
スノートレッキング、アニマルトラッキング!!
2008年12月30日

 スノートレッキング、アニマルトラッキング!!お客様のお迎えの時間までのひと時、スノーシューでちょっとお散歩。湿雪のため歩くのに一苦労でしたが、ウサギの足跡を発見!!幅の広いほうが頭の向いている方向(前)です。ちょっと寂しそうなウサギくん、単体で歩いていたようです。塩原温泉周辺の動物は、ツキノワグマ(就寝中zzz)、ニホンジカ、ニホンカモシカ、タヌキ、キツネ、ノウサギ、サル、テン、ハクビシン、アナグマなどが主なものです。足跡を見つけたらアップします。


西洋カンジキ、スノーシュー


日にちがたっているため見にくいです

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
ムササビを観察!!
2008年12月14日

 ムササビの観察を行いました。原生林に囲まれた奥塩原温泉周辺では、多くの野生の動物が生息しております。多くは夜間に行動するため、お手軽に観察とは行きませんが、これからの季節、落葉と降雪によりグリーンシーズンよりは、はるかに容易に動物の観察が可能です。

 本日は消防団の夜警を行いましたが、日塩もみじライン沿いには、ニホンジカが3頭ほど見受けられました。夜警終了後、周辺の山へ。写真のように、ここのところムササビの観察には最良の天気、一匹の個体だと思いますが、2回の滑空が観察できました。5月に子供のムササビが当館に迷い込んできましたが、その個体でしょうか??私たちとは違い、昼夜逆の生態ですが、調べてみるのも面白そうです。何といっても滑空ですが、100m以上に渡り空を飛べるのがすごいですよね。

 写真の個体は、10月に撮影したものですが、初めて見る大人の個体、その大きさには驚きました。図鑑などでは、最大で体長、尾長ともに50cm、つまり頭部から尾の先端までは1m。まさにそんな感じの個体でした。


大型のムササビ、バックショットですが


落葉によりムササビなどが観察しやすい季節となりました

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
ヨシ沼の激戦!!
2008年6月27日

 アカゲラでしょうか、ヨシ沼の歩道を歩いて行きますと朽ち果てた一本の木があります。機関銃ででも撃たれたかのような、機関銃でもこんなに綺麗には穴を開けられないでしょう。老木の住人と来襲する敵の激戦の模様が見えてきそうな一葉です。


こんなに深くつつかれては・・・


奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守見習(専務取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
ムササビくん、ご来館
2008年5月 3日

 ムササビくんにご来館いただきましたが、おかげさまで今年のゴールデンウイークは、5日まで満室です。お断りしましたら、寂しそうな顔をされてしまいました。

 リス科ムササビ属の哺乳類、木の実や果実、昆虫などを食べます。体を広げ、木から木へ160mも滑空可能、ほほの付近の白い毛が特徴です。


ムササビ、まだ子どもです


奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守見習(専務取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ