『塩原高尾』忌
2015年12月 4日

『塩原高尾』忌

明日、12月5日は、江戸時代の名妓とうたわれた吉原、三浦屋の二代目高尾太夫の命日です。
塩原高尾は、幼名を『あき』といい、寛永18年(1641年)に、塩原の元湯に生まれましたが、後に
三浦屋へ養女として貰われてゆきました。

明暦3年(1657年)の江戸の大火で家を失い、三浦屋再建のために遊女となりました。
美しく、気立てもよく、教養もあったあきは、たちまち評判となり、みるまに三浦屋を復興させたと言われております。

紋所は紅葉の塩原に因み『いろはもみじ』で、『さむかぜに もろくもくつる もみじかな』の辞世の句を残し、万治2年(1659年)12月5日、19歳で没しました。
法名を『転誉妙身信女』といい、毎年12月に妙雲寺で法要が行われます。

塩原高尾
妙雲寺に佇む塩原高尾のお墓


塩原の古刹、妙雲寺

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://blog.gensenkan.com/mt/mt-tb.cgi/1221
カレンダー
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去の記事