温泉の不思議、温泉の色・・・多彩です 2
2008年11月 4日

 温泉の色が天候など主に気象条件で変色することがあります。本日は、宝の湯(桧風呂)の色が通常の色と違っていましたので、ご紹介いたします。
 
 効能にある種の不妊症に良い謳われている宝の湯は、“子宝に恵まれますように”、との願いを込め名付けられました。旅先での転地効果も大切です。リラックスしてお入り下さい。塩原でも珍しい間欠泉で、自然の間隔でお湯が出たり休んだりするにごり湯の温泉です。通常は少し青みがかった乳白色ですが、本日の宝の湯は、緑がかっておりました。下の2枚の写真の方がわかりやすいでしょうか。写真より見た目はもう少し緑がかっておりました。


通常の宝の湯の色


本日の宝の湯の色、少し緑がかっております


通常の宝の湯の色


本日の宝の湯の色、少し緑がかっております

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://blog.gensenkan.com/mt/mt-tb.cgi/366
カレンダー
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
過去の記事