夏のきのこの代表格・・・ちちたけ
2008年8月30日

 お客様の来訪もここに来てひと段落、いまさらといった感じですが、ちちたけを食べてみました。ちちたけは、夏のきのこの代表格、地方によっては食べない地域もあるようですが、栃木県ではうどん、そばのつけ汁に入れたり、ナスと一緒に油で炒めたり、夏の味覚の代表とも言えるでしょう。『昔は蹴飛ばして歩くくらい、その辺りに生えていた』とは、前社長の言葉ですが、今となっては、イチゴのパックほどの量で1,000円近くする貴重品となっております。表面に傷をつけると白乳を出し褐色に変色しす。“乳茸”が語源です。


夏のきのこの代表格“ちちたけ”


奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.gensenkan.com/mt/mt-tb.cgi/290
カレンダー
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去の記事