ムササビを観察!!
2008年12月14日

 ムササビの観察を行いました。原生林に囲まれた奥塩原温泉周辺では、多くの野生の動物が生息しております。多くは夜間に行動するため、お手軽に観察とは行きませんが、これからの季節、落葉と降雪によりグリーンシーズンよりは、はるかに容易に動物の観察が可能です。

 本日は消防団の夜警を行いましたが、日塩もみじライン沿いには、ニホンジカが3頭ほど見受けられました。夜警終了後、周辺の山へ。写真のように、ここのところムササビの観察には最良の天気、一匹の個体だと思いますが、2回の滑空が観察できました。5月に子供のムササビが当館に迷い込んできましたが、その個体でしょうか??私たちとは違い、昼夜逆の生態ですが、調べてみるのも面白そうです。何といっても滑空ですが、100m以上に渡り空を飛べるのがすごいですよね。

 写真の個体は、10月に撮影したものですが、初めて見る大人の個体、その大きさには驚きました。図鑑などでは、最大で体長、尾長ともに50cm、つまり頭部から尾の先端までは1m。まさにそんな感じの個体でした。


大型のムササビ、バックショットですが


落葉によりムササビなどが観察しやすい季節となりました

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.gensenkan.com/mt/mt-tb.cgi/411
カレンダー
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去の記事