温泉入浴指導員による温泉ガイド・温泉療養学
2008年5月25日

 温泉がなぜ体に良いのかは、【温泉入浴指導員による温泉ガイド・温泉が“体にイイ”理由】で先にご案内しましたが、温泉を利用する他に食事、運動、環境の要素を加え、健康の維持、健康状態の回復に活用する学問が温泉療養学です。
 温泉、食事、運動、環境の4つの要素を上手く利用することにより、人間本来のもっている生体のリズムや免疫機能の回復が望めます。日本人が昔から親しんできた、温泉を使った体調回復法、“湯治”そのもののようです。
 

“医者いらずの湯”として湯治のお客様に親しまれてきた邯鄲の湯


奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館
六代目湯守見習(専務取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.gensenkan.com/mt/mt-tb.cgi/156
カレンダー
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去の記事