温泉保護開発協会総会
2010年8月18日

温泉保護開発協会総会

 塩原地区の温泉保護開発協会総会が、本日塩原温泉ビジタセンターで行われました。温泉保護開発協会は、温泉法の趣旨に則り、温泉の適切な保護と開発を図り、以って温泉事業の発展と公衆衛生の増進に寄与することを目的とする協議会です。

 総会後は、栃木県医師会塩原温泉温泉病院の森山病院長により、塩原温泉温泉病院についての紹介、温泉と健康、塩原流ヘルスツーリズムについての講演が行われました。

 塩原温泉では、塩原流ヘルスツーリズムの実証実験を行いましたが、お話の中で印象に残ったのは、“病気の方が薬剤で健康になるが、軽い病気の方や健康な方は、温泉の入浴により正常な健康以上の体調が期待できる”と言うことです。つまり、温泉の入浴により健康増進作用免や疫力の増強が期待できるとのことでした。

塩原温泉温泉病院
リハビリテーション施設が充実している塩原温泉温泉病院

奥塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館六代目湯守(代表取締役)君島弘晃
とちぎにごり湯の会会員 塩原温泉観光協会会員

ブログランキングに参加中。
更新の励みにクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.gensenkan.com/mt/mt-tb.cgi/902
カレンダー
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去の記事